読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のなみ♪のまんがネタバレブログ

なみ♪がまんがをネタバレします・・!!

高齢出産そのとき 各話ネタバレと感想 【ダウン症、姑、夫の問題という考えさせられる物語】







こんにちは♪
なみです。

 

 

 

今回は、「高齢出産そのとき」というまんがの感想とネタバレを
していこうと思います。


 

 

 

 

主人公は、43歳で妊娠した藤田・・・・
彼女にとって妊娠は他人事でしたが、彼女はある日、生理が止まり






 

 

出産に向き合うことになり、物語は始まります。






今からネタバレをしていきますが、
このまんがは、まんが王国で試し読みできます。






まんが王国で試し読みする方法はこちら

 

 

 

1話の感想とネタバレ



 

それまでの妊娠は他人事だった。

生理がとまり産婦人科にやってきた藤田。

 

 

 

 



藤田は43歳。妊娠の可能性よりも更年期の方だと思っていたのに、

医者から告げられたのは「2か月、おめでとうございます」という言葉だった。

 

 

 

 

 

「大丈夫だよ、この前2人目だけど48歳で産んだひともいるからね」と医者はいう。

夫は「そうじゃないかなあと思ったんだ、本当は」とうれしそうだった。

 

 

 

 

 

「ほしかったの子ども?」ときくと「そりゃほしいよ」という。

仕事先も協力してくれることになった。

 

 

 

 

口々におめでとうと言われるなかで私は一人よろこんでいられなかった。

出産の不安の方でいっぱいだったのだ。

 

 

 

 

 

 

産むときには44歳。痛みや自分の体力に自信がない。

さまざまな不安のなかで、ダウン症のリスクの確率を出す血液検査、クアトロテストを受けることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれはきやすく受けてはいけないものだった。

検査の結果は、「ダウン症の確率が高い」。72分の1。

 

 

 

 



ダウン症という現実を突きつけられる私。

羊水検査という赤ちゃんの細胞からの検査なら白黒はっきりするとのことだった。

 

 

 

 

 

 

私は思う。「障害の子はいやだ、障害児ならおろします」

羊水検査を受ける私。

 

 

 

 

 

画面をみると赤ちゃんのかわいい足のうらがゆらゆらみえた。指もある。

その後予定日をすぎても生まれる気配のない赤ちゃんを結局は帝王切開で産むことになった。

 

 

 

 

 

高齢出産っていろんなリスクがあってたいへんなんです。





2話の感想とネタバレ

 

 

 

43歳で高齢出産をすることになった私。

血液検査でダウン症の確率が高いと出た私は羊水検査で確実なところを調べてもらった。

 

 

 

 

 

 

 

その結果は「異常なし」。

羊水検査でおちんちんが映っていて、赤ちゃんが男の子だというのもわかった。

 

 

 

 

 

 

 

高齢出産ではあったが順調に出産の準備もすすんでいた。

小さいころからからだがじょうぶだったせいで妊娠中もじょうぶなからだが私を支えてくれる。

 

 

 

 

 

 



順調な妊娠生活のつもりだった。

しかしからだはやはり44歳。

 

 

 

 

 



日課の30分の散歩もだんだんひざにきてギシギシ油のきれた機械のような音がなり出し、

おなかの重さとともに何かにつかまらないと立ちあがることも容易ではなかった。そして脱肛。

 

 

 

 



「産んでしまえばなおるけど指で入れてやって」と看護師から言われたものの、

産後1年9ヶ月たってもついになおらずじまいだった。

 

 

 

 

 



「妊娠生活を楽しんでくださいね」と言われたが高齢による

ギャップが妊娠生活を楽しむ余裕などなくさせていた。

 

 

 

 

親切な忠告のストレスがつのった。
高齢出産ってかなりきついらしいですね( ;∀;)

 

 

 

 



そんななかで友達が乳ガンでなくなり、いってしまった友達と誕生を

まつ赤ちゃんの両方の生命にたいして思いをよせる私。

 

 

 

 

 

どうにもならない命の重みをかみしめていた。

高齢出産だからこそいろいろわかるひとのおせっかいや命の重みがあるんですよね。

 

 

 

 

 

 

3話の感想とネタバレ

 

 

 

「ああ出てますねえ」といいながら看護師が私の乳首をつまむ。

乳首から出てくるお乳。

 

 

 



「初乳はお母さんの免疫がいっぱいだから赤ちゃん連れてきましょうね」

44歳の初産では母乳などどうせとあきらめていた。

 

 

 

 

 

だから一度もマッサージすらしなかったのにお乳が出たことがうれしかった・・・!!

赤ちゃんに初乳をのませる私。

 

 

 

 



どれだけ搾乳しても夜中は氷まくらで冷やさなければならないほどぱんぱんの胸。

「張りすぎるから朝食につく牛乳は飲まないでくださいね」と言われる。

 

 

 

 

 

それでもこの苦しみは、うれしい悲鳴だった。

帝王切開ではあったが、これから帝王切開するひとの仲間にもなれた。

 

 

 

 

 

おなじ産婦というだけで、身近に赤ちゃんのいる友達や親戚もない私にとって思えば

この入院中だけが居心地のいい、やがてくる嵐の前の静けさだった。

 

 

 

 

 



日一日と目に見えて育っていく赤ちゃん。

術後の経過も順調そのもの。

 

 

 

 

 

予定より一日早く退院が決まったほどだ。

でも、夜になるとまたぱんぱん張っての繰り返し

 

 

 

 

 

 

 

しかし、術後の身体がいよいよつらくなったのは、退院後だった。


やっかいなのはおなかの痛みだった。

 

 

 

 

 

 

内臓がスカスカのズタぶくろの中をゆれるようなへんな痛みなのだ。腸が安定しない不快な鈍痛。

赤ちゃんが出て行ったあとの抜け殻のおなかの痛み。

 

 

 

 

 

赤ちゃんをうんだひとにしかわからない痛みってあります
かなりこれは、かなりきついですよね( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

第4話の感想とネタバレ

 

 

 

 

 

まるでずっと昔からいっしょにいるみたいな夫だが、

でもわたしたちはまだ夫婦としては3年・・・・

 

 

 

 



3年前、こんな未来図はとても想像できなかった。

わたしの人生の夜と呼んでもよかった。真っ暗な夜のなかにいたのだ。

 

 

 

 



9年の同棲の末、いずれは結婚と信じていた彼の突然の心変わり。

何が起こったかわからない青天の霹靂。

 

 

 

 



その頃仕事が激減したわたしは家賃の高い都心をはなれた。

でも隣の部屋のこどもたちはたえずにこにこし気持ちがわるく、

 

 

 

 

 

 

子どもの泣き声と父親らしき男の怒鳴り声が毎晩きこえた。

今にして思えば虐待だったかもしれない。

 

 

 

 

 

昼間はヒステリックな母親のふとんたたきの音がずっと響く。

そんなとき同棲相手からとつぜんの「別れたい、一人になりたい、おまえと会う前に戻りたい」の言葉。

 

 

 

 

 

 

 

すぐに、嘘だ、誰かいるのだろうと気づいたわたし。

突然の別れの日は絵に描いたようなどしゃ降りでした・・

 

 

 

 



わたしはみじめだった。仕事も男もなくして、

アルバイトの電話をすれば、電話ごしに犯された。

 

 

 

 



しわとしみだらけのもう40過ぎの一人ぼっちのみじめなおばさん。

わたしは東京に帰り、なんとか仕事もみつけ、合コンにも出てみた。

 

 

 

 

 

そこで出会ったのが今の夫だった。ぶ然としたひと。それが夫の印象だった。

高齢出産とは言ってもここまでくる道のりが当然あるんですね・・・

 

 

 

 

第5話の感想とネタバレ

 

 

 

わたしの妊娠はいいことばかりではなかった。

赤ちゃんの誕生に周りが歓喜してくれる中、

 

 

 

 

妊娠さえなければわからなかった夫の家族の姑の本性を見てしまったのだ。

始めて夫の実家に挨拶にいったときは面くらった。

 

 

 

 

 

更年期43歳、息子より11歳も年上の女との結婚など大反対にあっても

不思議はなかったのにさくさくわたしの実家に電話を入れ、

 

 

 

 

 

わたしの実家の両親もとまどうほどものわかりがよかったのだ。

披露パーティーの日。姑の違和感なハイテンション。

 

 

 

 

 

 

その違和感の招待は、こんな場所なら当たり前の

「おめでとう」がまったく無かったからだった。

 

 

 

 



不自然な両親の態度。

これはきついですよね( ;∀;)

 

 

 

 

 

無事にと終わったとばかり思っていた顔合わせが実はとんでもないことに

なっていたのを知るのは次の日岩手に帰る姑たちのホテルに出向いた時だった。

 

 

 

 



親族の顔合わせのテーブルで、姑がいきなり立ち上がったせいで

両親にお酒がかかりびしょびしょになったのだ。

 

 

 

 

 

でもまったくあやまることもなかった。

それ以外でもわざとドレスを踏んできたりなど異様な言動がみられた姑。

 

 

 

 



姑と嫁の関係は聞いていたよりもずっとドロドロした気分になるものだと思うわたし。

妊娠がわかると夫の実家はさけるように静かになった。

 

 



高齢出産だけでもたいへんなのにさらにたいへんな姑との関係。

ほんとたいへんですよね( ;∀;)

 

 

 

 

第6話の感想とネタバレ

 

 

姑の度をこえた異様な言動に

「わたしはもうお姑さんとおなじ名字を名乗りたくない。

子供もお姑さんとおなじ名字なんてがまんできない」と夫に言ってしまうわたし。

 

 

 

 

 



「離婚したい」とわたしは言ったのだった。

気がつくとわたしは夫に嫌みばかり言うようになっていた。

 

 

 

 

 

 

夫は悪くないのもわかっていた。

どんどんとげとげしくなるわたしに夫はいつもだまりこんだ。

 

 

 

 

 

そして「あなたはさすがあの姑さんの腹から出た子供よ」と

言ってはいけないことを言ってしまうわたし。

 

 

 

 

 

 

でも一度口にした腹の中はとどまることを知らなかった。

息子の女と母親はどこまでも女同士なのだと思うわたし。

 

 

 

 

 



そんな矢先、義父の胃ガンがわかった。

名前の問題については夫がわたしの名字になっても離婚はしたくないという。

 

 

 

 

 

 

おなじ相手なら離婚してもすぐに結婚できるので

 

離婚というかたちをとって別姓にしたわたしたち。

 

 

 

 

 



離婚のかたちでもさんにんなかよく暮らせるなら

問題はないとおもっていたのだが、やっぱり名前はおなじがいい、

 

 

 

 

 

おなじ名前は一体感だとママ友からいわれなんだか複雑な気持ちに。

 

 

 

 

 

 

 

しかも別姓だといざというとき世間体がわるく、

複雑な家庭だとおもわれてしまうことも多かったのです。

 

 

 

 

 

 

 


出産したあともいろいろ問題が起こってくるのが家族なんだなあ。

こうなってくるとかなりドロドロしてきますね・・・

 

 

 

 

 

第7話の感想とネタバレ

 

 

 

夫はバカだ。進学は父親が決め、就職も父親の決めた勤め先。

副業としてやっていたネットワークビジネス

 

 

 

 

 

 

稼いだつもりでも仕入れた商品のローンが何十万と結婚後の今も払いつづけていた。

しかし夫のバカぶりはそんなレベルではなかったのです・・!!

 

 

 

 



まだ結婚前の20代だったが、650万の連帯保証人になっていたのだ。

わたしは「ここまでバカなのか」とがくぜんとした。

 

 

 

 

 

 



ただでさえ融通のきかないこの男の夢だったビリヤードがらみでは

歯止めも難しかった。でもわたしはわたしで予防線を張ることにしました。

 

 

 

 

 



探偵会社に相手方の調査を依頼したのだ。

そして弁護士のアドバイスで夫に相手に念書を書かせるように言った。

 

 

 

 

 



本気ではなくてもこんなお金の保証人になる夫にあいそがつきそうだったのは事実だ。

結局650万の話はなくなり、ビリヤード店の話もなくなった。結婚したのはその後すぐだ。

 

 

 

 

 



一回り下の夫に経済力がないことは気にならなかった。

でも、43歳でまさかの妊娠。さらにまさかの意欲的な夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

育児は思いもよらない夫の一面がクローズアップされてきた。

育児がぜんぜんできないのだ。

 

 

 

 

 

 

機械のように言われたことしかできない夫。

わたしたちの心配はまったく噛み合っていないことに気づいてしまう。

 

 

 

 

 

これは、もう最悪ですね( ;∀;)

こんどは夫婦間で問題が起きてしまう。どんどん敵ばかりになっていくなあ。

 

 

 

 

 

 

第8話の感想とネタバレ

 

 

 

 

幼稚園の一番のママ友達比奈ちゃんからの

「わたしね、2人目できたかもしれない」といううれしい知らせ・・!!

 

 

 

 



比奈のいちばんめのこどもであるあやと君はダウン症だ。

だからハンディのある子と健常の子の統合教育の幼稚園に通っている。

 

 

 

 

 

わたしたちもそこの幼稚園のやすらぎに魅力を感じて決めたのだった。

妊娠、出産、そして育児。

 

 

 

 

 

 

おなじ大変さを通ってきた母親同士の会話にわたしはひとつの安らぎを感じていた。

昔とはちがって障害は個性と言われる時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

今は間違いなく社会の受け入れもちがう。

お母さんたちもそうだとわからないくらい明るくなった。

 

 

 



でもわたしは単純だった。

編集者が私に言っていた障害者に対するなにげない言葉

「障害児は遠回りしなければならないんですよ」を話した瞬間、

 

 

 

 

 

 

 

比奈の顔がくもる。

たわいない言葉が深く当事者を傷つけるのだ。

 

 

 

 



そして私の姉も笑うと片頬がつりあがったままであり障害があった。

だからその気持ちはよくわかったはずだったのに。

 

 

 

 



ひとのとげは痛い。

ハンディをもつ子の母親が傷つかないわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

今は明るいお母さんたちがここまでくるのに

どれだけ身内や他人や世間に傷ついてきたか。

 

 

 

 

 

そのひとたちにしかみえないとげをどれだけ・・・

だんだん家族以外のひととの交流もさかんになってきた今回の話。

主人公はいろんなひととの出会いでさまざまな感情に出会っていく・・・

 

 

 

 

 

第9話の感想とネタバレ

 

 

 

 

 

夫はまるでひとが変わったように機嫌よく子供を見るようになった。

夫には9時5時のサラリーマンパパになってもらった。

 

 

 

 

 

 

ベビーシッターをフルにたのむほど金銭的余裕はなかった。

夫の「ベビーシッターはいいよな」の一言に夫に時間の区切りをはっきりつけた子守の役目を与えたのだ。

 

 

 

 

 



「僕はもともとサラリーマンだから時間内で

決められたことをする方があってるんだと思う」と笑う夫。

 

 

 

 

 

 

こどもが生まれて以来、久しぶりの平和だった。

しかし。見えてきたのは子供のしつけの問題だった( ;∀;)

 

 

 

 

 



夫のきびしいしつけ方とわたしの寛容なしつけ方で

どうしても食い違いがでてきてしまう。

 

 

 

 

 

 

わたしはどうしても夫の厳しいしつけを容認することができない。

こどもが夫に怒られる。

 

 

 

 

 

 

わたしがそれに反対して、わたしと夫がケンカになる。

そしてこどもはもっと泣き出す。

 

 

 

 

 

 

 

最悪の悪循環だった。

それもお互いがこどもを思ってしている行動なのに。

 

 

 

 



けんかで終わるおいしくない食卓。

それまでばらばらに食べていて、やっと家庭の食卓ができたのに。

 

 

 

 



私は幼いころの家庭の食卓をおもいだす。

父と母はいつもけんかをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

それは私のいちばん嫌いな日常だった。

こどもがだんだん成長してでてきたしつけの問題。

 

 

 

 

 

こどもの問題ってなくならないんですよね( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

第10話の感想とネタバレ

 

 

 

新学期に入って突然の息子の登園拒否。

夫に説得されてあきらめて連れて行かれるのだがその後ろ姿をみたわたしはなんだかかなしかった。

 

 

 

 

 



少し前まではそれはよろこんで通っていたのになにがあったのだろう。

息子はだいぶ成長した。

 

 

 

 

 

 

歩きだして一人で食べるようになった。

少しずつおしゃべりもできるようになり、体はきちんと成長したが、

 

 

 

 

 

 

 

こんどは心の問題がでてきたのだった。

体の成長以外のはじめての育児のカベだった。

 

 

 

 

 



幼稚園では下の子の面倒をみる息子だったが、

登園拒否のころから家ではすっかり赤ちゃんがえりしていたのだった。

 

 

 

 

 



赤ちゃん用品のおくるみを離さない息子。

「あかちゃんだから」と一人で食べず、服は着ず、

 

 

 

 

 

 

くつもはかず、どこへ行くにもベビーカーに乗りたいといいだした。

そして完了しかけていたトイレトレーニングも逆もどり。

 

 

 

 

 

 

おむつがいいとだだをこねだす。

 

 

 

 

 



姉と電話していたときのこと。

「このまえなおきちゃんに会いに行ったとき、幼稚園つまらないって言ってた」と姉がふいに言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのことばにはっとするわたし。

息子が赤ちゃんがえりした答えはでていたのだ。

 

 

 

 

 

 

誰からも相手にされず、さびしかったのだ。

息子の幼稚園をやめさせる決意をしたわたし。

 

 

 

 

 

 

すると、息子はなんでもひとりでするようになった。

思い切った決断って育児に必要かもしれません。

 

 

 

 

 

 

「高齢出産そのとき」の感想

 

 

 

 

自分が育児をやっていた記憶が呼び出されました。

やはり、子供の問題って子供だけでなく、

 

 

 

 

 

その家族、親族まで巻き込んでしまうと
かなりドロドロしてきますね( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

高齢出産で姑から嫌われたり、

かなり肩身の狭い思いをしたりと大変です。

 

 

 

 

 

 

また、育児はしつけの問題、夫の協力や経済力も

関係してくるので

 

 

 

 

 

 

一人で抱え込み、

つらい思いをする主婦が多いです。

 

 

 

 

 

主婦だけでなく

多くの人に読んでほしい作品でした。

 

 

 

 

 

このまんがは、まんが王国で読むことができます。
まずは、無料試ししてから読んでみてください♪

 

 

 

 

 

まんが王国で試し読みする方法はこちら