読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のなみ♪のまんがネタバレブログ

なみ♪がまんがをネタバレします・・!!

本当にあった女の人生ドラマvol.4  あらすじ

 

 

こんにちは♪

なみです。

 

 

 

今回は、本当にあった女の人生ドラマvol.4の

ネタバレをしていきます。

 

 

 

タイトルにつられて思わずどんな話か、

気になって買ってしまいました。

 

 

 

このまんがは、まんが王国で試し読みできます。

 

 

 

 


➡まんが王国で試し読みする方法はこちら

「本当にあった女の人生ドラマvol.4 」と検索!!

 

 

 

 

 

 

「美魔女幻想」

 

 

同窓会に出席している米澤香奈絵41歳独身。都内で働くOL。

勤めながらいろいろと資格を取り黙々と働いて余暇は趣味に費やしていたらこの年になっていた。

 

 

 



そんな米澤に話しかけてきたのは高校時代から

美少女グループのリーダーだった重松。相変わらずきれいだった。

 

 

 



独身の重松から米澤は合コンに誘われる。

港区のセレブ空間で行われる合コンに参加する米澤。

 

 

 

 

そこにやってきたのは20代の男の子ばかり。

婚活合コンとはいうものの明らかにそれは金持ち中年マダムのホスト遊びだった。

 

 

 

 



「それじゃごちそうさま」といってガタガタ席をあとにする男の子たち

女の子の会費はひとり15000円。

 

 

 



すっかりうんざりしてしまったが米澤だったがまたもや重松から呼び出される。

重松はその合コンで知り合った男子と結婚するというのだが、

 

 

 

その男子はどう考えても重松のお金目当て。忠告する米澤に重松はむしろ逆ギレ。

そしてふたたび一年後の同窓会。

 

 

 

 

きれいになっていた米澤とは裏腹に、きもちわるい若作りの感じをみせる重松。

若作りすぎて逆になんか怖い感じになっている( ;∀;)

 

 

 

 



一方、米澤は史跡巡りでたまたま知り合った友人と幸せな結婚をむかえていた。

明らかに運命が別れた40女のおそろしさを描く・・!!( ;∀;)

 

 

 

「カリスマきどり」

 

 

丸山聖子38歳。家事にパートに忙しい毎日を送っている主婦。

ママ友とのお茶会。最近の話題はもっぱら加齢について。

 

 

 

 

もうしょせんはおばさんと話に花が咲く。

ところが今度引っ越してきた西尾は43歳に見えないほどの美魔女だった。

 

 

 

 

 

 

肌ツヤもよりしスタイルも抜群。

西尾に美の秘訣をきこうと彼女の周りにたくさんの人が集まり始めた。

 

 

 

 



ふと眼があると、丸山さんはダイエットのことね、

今日からお菓子は一切禁止よ、と言われてしまう。少しむっとする丸山・・!!

 

 

 



上から目線でどんどん美容の命令をだしてくる西尾。

だんだん西尾をえらそうに感じる丸山。

 

 

 

 



「自分の子とを美のカリスマだとでも思ってるんじゃないか」

西尾の美容啓発行動はさらにエスカレート。

 

 

 

 

水素水まで持ち出してくるしまつ。

しかもそれを代理店として売り出してくる。

 

 

 

 



「なにこれまるでテレビショッピングじゃない」と思う丸山。

水素水を買わなかった丸山はそれから西尾とマンションで

 

 

 

 

すれちがうたびに「あらメタボさん」といやみを言われるようになる。

ところがそのうちに水素水が詐欺だったことが発覚( ;∀;)

 

 

 



主婦たちから問いつめられて逃げていく西尾は階段から落ちけがをおう。

西尾の借金事情も発覚。表面的には美しくても裏側はすっかすか。

 

 

 

美魔女おそろしー*1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「若メン狩ります」

 

 

 同窓会のあとで飲みつぶれた榊美弥子をアパートの部屋で介抱する篠田和恵。

榊美弥子は篠田やアパートのしょぼさにグチをこぼす。

 

 

 



榊は篠田とおなじ45歳だが、やっぱり男は20代くらいのしなやかな身体、

なめらかな肌、髪もさらさらじゃなくてはだめだと語りはじめる。

 

 

 



そこに帰ってきたのは篠田の息子の真志21歳。けっこうイケメン。

翌日、真志の働いているバーまでやってきた榊。

店の客にも豪華におごり、女学生のノリで楽しんでいる45歳の美弥子。

 

 

 

 



真志の手をにぎり「マアくんの手ってお肌すべすべ」と言ってくる。

そしてたびたび真志に外で会おうと言われたり何度もメールがくるようになっていた( ;∀;)

 

 

 



だんだん榊の様子が変わってくる。ちょっと引くほどきもい若作りをするようになってきたのだ。

そして真志に対してきもちわるいほど積極的に、

 

 

 

 

顔を寄せ付け舌なめずりをして「いろいろ教えてあげたくなっちゃう」という。

それから半年後、和恵は榊にデパ地下でばったりと会ったのだが、

 

 

 

 

 

なんだかやつれてだいぶ年相応になっていた。24歳の男の子と同棲しているという。

でも実情はというと、若者の金づるにされていただけだったのだ。痛い40女、つらすぎる*2

 

 

 

「アラフォーの恋」

 

 荒木真由42歳。

地方都市で夫と子供ふたりの家族四人で暮らしている。

 

 

 



真由は15年ぶりにパートとして働くことになった。

隣の席の田端はいろいろと仕事のことを的確にわかりやすく教えてくれる。

 

 

 

 



真由が大きなミスをしてもすぐにフォローしてくれる田端。

そんな田端に真由も信頼をよせていた。

 

 

 

 

 

婚期を完全に逃していたが仕事ができる人間である田端。

真由はまるで先輩に憧れる女学生みたいな感情で彼女をみつめていた。

 

 

 

 



そうして半年ほど経ち、仕事にも人間関係にも慣れてきたころのこと。

新人にイケメン新入社員の新川が入ってきた。彼がきてひと月がすぎた頃、変化が起きた。

 

 

 

 

 

 



なんと仕事が恋人といっていた田端が化粧をして出勤してきたのだ。

おまけにスカートまではいている!!!

 

 

 


仕事ができる田端と仕事にやりがいを感じている新川は

はためにみていい関係になってきているようだった*3

 

 

 



ところがそれからなにをやっても完璧だった田端が

ボーッとすることが増えミスを連発しはじめた。

 

 

 

 

 



恋愛をするようになってぜんぜん仕事ができなくなってしまった田端。

田端に話をきいてみると実は新川の金づるになってしまっているだけの女だった。

 

 

 

 

 

 

恋は盲目というけれど、金づるになってしまった40女の人生、残酷すぎ*4

 

 

 

 

「奥様買春ツアー」

 

 

 浅井千秋45歳は家族の笑顔がいきがいのなにげない日常をとても幸せに感じていた。

でもそれももう5年以上前の話だ。現在は子供との会話がなくなりさびしさを感じており、

 

 

 

 

 

夫からも「君はすっかり所帯じみて女を捨ててるね。

そろそろ寝室を別にしたほうがいいかもな」と言われてしまう*5

 

 

 

ひどい!!

 



子供と夫にほとんど不要品扱いされて深く傷つく千秋。

そんなときママ友から誘われ2泊3日の韓国格安ツアーへ・・!!

 

 

 



名所めぐりをしたあとにママ友に誘われ日本語がはなせる

ホストクラブにつれられていく。

 

 

 

 

 

整形天国だときいてはいたが、みなすごい美形のホストばかり。

実はこのホストクラブ、ホストたちの身体を買う買春クラブだった。

 

 

 



「3万でぼくを買ってください」というホストの手をふりほどいで逃げる千秋。

翌日、名所巡りをひとりでしてホテルで帰ると「「あん、いいわ、ん、ビヨン、愛してる」とのあえぎ声が。

 

 

 

 



なんとママ友が千秋のベッドでホストエッチしていたのだ*6

思わず花瓶の水をかける千秋。

 

 

 

 



ママ友の主人にも韓国でのホストとの浮気がばれて電話がきていると話す千秋。

「変態エロババア、あんたなんて死ねばいい」と叫んで千秋はツアーをキャンセルして帰った。

 

 

 

 



帰った千秋をあたたかく迎えたのは夫。

40女にして明暗がはっきり別れたふたり。またしても残酷な結末( ;∀;)

 

 

 

 

 

このまんがは、

まんが王国で読むことができます♪

 

 

 

 

まずは、無料試し読みしてから

読んでみてくださいね♪

 

 

 

 

まんが王国で無料試し読みする方法はこちら
「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」と検索!!

 

 

 

 

 

*1:+_+

*2:+_+

*3:+_+

*4:+_+

*5:+_+

*6:+_+