読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のなみ♪のまんがネタバレブログ

なみ♪がまんがをネタバレします・・!!

夢の雫、黄金の鳥籠 あらすじ ネタバレ 【世界史好きはどうぞ!!】

 

 

舞台は16世紀の初頭、

 

 

オスマントルコが絶頂の時代ですね・・・

 

 

 

私、実は高校で世界史をやっていたことが

 

 

 

ありまして、こうゆう歴史まんが好きです(笑)

 

 

 

 

 

<ネタバレ>

 

 

小さな北の寒村で生まれ育った少女・サーシャは村の伝統通りに

 

 

 

生きるのではなく、自由に生きたいと思っていました。

 

 

 

 

 

一生、この村から出ないで生きていくのはいや

 

 

 

と思っていたのでした。

 

 

 

そんなある夜、

 

 

 

騎馬民族の襲撃に遭い、サーシャは騎馬民族にさらわれてしまいます。

 

 

 

世界史を習ったことがある人なら、わかるのですが、

 

 

 

 

騎馬民族って戦闘能力が異常に高いんです。

 

 

 

普段から馬に乗っている分、機動力が全然違います。

 

 

 

 

サーシャは簡単にさらわれた後、

 

 

 

 

奴隷として商人に売られてしまいます。

 

 

 

夜、サーシャは脱走をたくらみますが、

 

 

 

ある商人マテウス

 

 

「今逃げても、お前は本当に自由になれるわけでないぞ」

 

 

 

言われ、

 

 

おとなしく奴隷として

 

 

 

競売にかけられることに・・・・

 

 

 

 

そこで、マテウスはなんと

 

 

 

サーシャを買い、

 

 

 

奴隷でも能力次第で地位を登れると・・・

 

 

 

サーシャは

 

 

 

品格と教養を身につけていく教育を受けさせてもらえることに・・・

 

 

 

教育を受けていくうちに

 

 

 

サーシャはマテウスに惹かれていきますが、

 

 

 

 

マテウスはサーシャをマテウスの主に献上するために

 

 

 

 

教育していたのです。

 

 

 

 

 

「ヒュッレム」という新たな名を与えられて、

 

 

 

 

後宮に入りますが、

 

 

 

 

そこは、オスマン帝国のスレイマンの側近を狙うため、

 

 

 

 

友人が裏切り、殺され、と

 

 

 

 

女どうしの地獄のサバイバルの世界でした。

 

 

 

 

果たして、サーシャはこの世界で生き残ることができるのでしょうか??

 

 

 

 

<感想>

 

 

 

後半になると、女どおしの戦いになり、ドロドロしてくるのも

 

 

 

事実です。

 

 

 

しかし、私自身、女どうしのドロドロしたまんがも結構読んで来ましたが、

 

 

 

それでも、飽きなかったのは歴史的なストーリーがあったことでした。

 

 

 

特に、私は世界史が好きだったからです(( *´艸`)

 

 

 

また、絵もとてもきれいでサクサク読むことができました。

 

 

 

歴史好きな方は読んでみるのもありかもしれません。

 

 

➡まんが王国で「夢の雫、黄金の鳥籠」を試し読みする方法

 

サイトにつながらない場合は、再度アクセスし直してください。