読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のなみ♪のまんがネタバレブログ

なみ♪がまんがをネタバレします・・!!

 カリスマ 漫画 ネタバレ 【カルト宗教の闇に迫る!!】

 

 

 

きれいで優しかった母が

 

 

 

宗教にはまり込んで鬼のようになってしまう物語です。

 

 

 

 

幸せなだった家庭が崩壊していく恐ろしい物語でした。

 

 

 

 

 

<ネタバレ>

 

 

 

 

事件は二月の節分の豆まきから始まります。

 

 

 

 

平八郎はクラスの人気もので

 

 

 

 

豆まきでもクラスのみんなを笑わせ、人気者です。

 

 

 

 

 

その時、教室に平八郎の母が乱入して、

 

 

 

 

鬼のような顔をして平八郎をビンタをして、教室は大混乱・・・

 

 

 

 

担任の先生が救済に入りますが、

 

 

 

「節分の豆まきだなんてよくそんな背教的で

 

 

 

不道徳なことを平然と子供にやらせるわね」と母は怒鳴り散らし、

 

 

 

平八郎を引きずり、出て行きます。

 

 

 

 

母は宗教にはまり込み、

 

 

家では

 

 

「ああ メシア あなたは光 われらの光 」と唱えているのでした。

 

 

 

家事もせず、生活費は宗教活動に使い、

 

 

 

 

夕食は大豆と野菜のみで

 

 

 

父がそれに文句を言っても、

 

 

 

「肉食は人間を動物化し、犯罪者を生み出す」と完全に洗脳されています。

 

 

 

 

そんな生活が続いていたため、平八郎はすっかり元気をなくしてしまいました。

 

 

 

 

そして、クリスマスの夜、事件は起こることに・・

 

 

 

平八郎はもとの優しい母に戻ってほしいと

 

 

 

心を込めて、親子3人で過ごす絵を描いたのでした。

 

 

 

しかし、その絵を見た瞬間、母の凍りつきます。

 

 

このシーンは特に母の顔がとても怖かったです。

 

 

 

 

 

そして、母はなんと、息子に悪魔が取り付いていると

 

 

 

考え、息子の首を絞めだしたのです!

 

 

 

父がなんとか、平八郎を助けますが、

 

 

 

母はなんと包丁を持ち出してきて

 

 

 

父を刺殺し、自分も刺して、自殺してしまうのでした。

 

 

 

 

この事件から数年後・・・

 

 

 

 

宗教法人「神の郷」が登場します。

 

 

 

その教祖はなんと平八郎だったです。

 

 

 

 

宗教によって苦しめられたのに、

 

 

 

自らも宗教を広げる役になってしまう平八郎

 

 

 

果たして、彼はどうなってしまうのでしょうか??

 

 

この続きはまんが王国で読むことができます。

 

 

 

 

➡まんが王国で「カリスマ」を試し読みする方法はこちら